Communications Chemistry インパクトファクター、インデックス、ランキング

Communications Chemistry は学術ジャーナルであり、 Materials Science. Springer はこの名高いジャーナルの出版社です。. であり、略称は Commun Chem.


Communications Chemistry 目的と範囲

Communications Chemistry is an open access journal from Nature Portfolio publishing high-quality research, reviews and commentary in all areas of the chemical sciences. Research papers published by the journal represent significant advances bringing new chemical insight to a specialized area of research. We also aim to provide a community forum for issues of importance to all chemists, regardless of sub-discipline.

Scope includes, but is not limited to, the core subject areas of analytical, inorganic, organic, physical and materials chemistry, and covers the broad spectrum of chemical research including chemical biology, catalysis, computational chemistry, energy materials, green chemistry, environmental chemistry, medicinal chemistry, polymer chemistry, supramolecular chemistry, chemical nanoscience and surface chemistry.  We also consider submissions from adjacent research fields where the central advance of the study is of interest to chemists, for example biochemistry, chemical engineering, materials science and nanoscience.

The submission and review processes are managed by our in-house professional editors supported by our Editorial Board Members, who provide technical expertise across the breadth of the chemical sciences. We are committed to rapid dissemination of important research results. Articles are published on a continuous basis with minimal time from acceptance to publication.


Communications Chemistry 詳細


ジャーナルのタイトル Communications Chemistry
略語 Commun Chem
オンライン版 ISSN 2399-3669
編集長 Christian Agatemor
主題 Materials Science

Communications Chemistry 略語

Communications Chemistry 略語 : ジャーナル略語とは、学術雑誌の完全なタイトルを表すために使用される短縮形や頭字語のことです。これは学術出版物や参考文献、データベースでのジャーナルの参照、索引付け、引用に役立つ一般的に使用される略記法です。

の略語 Communications ChemistryCommun Chem


Communications Chemistry ランキング

Communications Chemistry ランキング : ジャーナルのランキングは、学術雑誌を評価・分類するプロセスを指します (Communications Chemistry) インパクトファクターや引用指標、専門家の評価、その他の指標など、さまざまな基準に基づいて行われます。ランキングシステムは、特定の分野や学問領域内でのジャーナルの品質、影響力、名声を示すことを目指しています。

のランキング Communications Chemistry1881 (2024)


Communications Chemistry インパクトファクター

Communications Chemistry インパクトファクター : インパクトファクターは、学術雑誌の影響力と重要性を評価するための指標です。通常、年次で計算され、特定の期間内にジャーナルに掲載された論文が受け取った平均引用数を測定します。

のインパクトファクター Communications Chemistry5.9 (2024)


Communications Chemistry SCImago

Communications Chemistry SCImago : SCImago Journal Rank(SJR)は、SCImago Labが開発した指標およびデータベースであり、学術雑誌の科学的な影響力と名声に関する情報を提供します。SCImagoはスペインに拠点を置く独立した研究グループであり、科学雑誌の計量分析とランキングに特化しています。

のSCImagoCommunications Chemistry1.620


Communications Chemistry H指数

Communications Chemistry H指数 : ジャーナルのh指数は、その出版物とそれらの出版物が受けた引用数に基づいて学術雑誌の影響力と影響を測定する指標です。これは、研究者のh指数の概念から派生しており、最も引用された論文に基づいて個々の研究者の影響を評価します。

のh指数 Communications Chemistry34


Communications Chemistry インデックス

Communications Chemistry インデックス : ジャーナルのインデックス作成は、学術出版物を分類し整理する検索可能なデータベースや索引にジャーナルを含めるプロセスを指します。インデックスサービスは、特定の分野や学問領域内のさまざまなジャーナルの記事を研究者や読者が発見しアクセスしやすくすることを目指しています。

この Communications Chemistry この にインデックス化されました

インデックス化されたジャーナルは、ジャーナルのインデクサーによる徹底的な審査プロセスを経て、特定の基準と要件を満たしていることを示しています。


Communications Chemistry 編集委員会

Communications Chemistry 編集委員会 : ジャーナルの編集委員会は、出版プロセスにおいて重要な役割を果たす専門家や学者のグループで構成されています。彼らは通常、編集長や編集チームによって、その分野での専門知識と評判に基づいて選ばれます。

の編集長 Communications ChemistryChristian Agatemor


Communications Chemistry 投稿料

Communications Chemistry 投稿料 : 論文投稿料は、一部のジャーナルが著者に課す、研究論文を投稿して掲載を検討するための料金です。これらの料金は、受理された原稿に関連する出版料や論文処理料(APC)とは別です。

の投稿料 Communications Chemistry£2690.00/$3690.00/€3090.00


Communications Chemistry 投稿募集

Communications Chemistry 投稿募集 : Communications Chemistry は、原著研究の投稿を招待し、掲載を検討します Communications Chemistry ジャーナル。以下の広範な分野での投稿を求めています Materials Science ジャーナルが焦点を当てる Materials Science.

論文投稿に関する詳細については、公式ウェブサイトをご覧いただくか、ジャーナル/学会の詳細を確認してください。


Communications Chemistry 著者ガイドライン

Communications Chemistry 著者ガイドライン : 著者ガイドラインとは、著者が自分の作品を投稿する際に出版物やジャーナルから与えられる指示や要件のことです。これらのガイドラインには、著者が原稿を準備する際に従うべき書式、スタイル、内容のルールが詳細に記載されています。ファイル形式、引用スタイル、単語数の制限、セクション見出し、参考文献のガイドライン、図表のフォーマットなどの側面をカバーしています。 Communications Chemistry 著者ガイドラインについては、ジャーナルのウェブサイトをご覧ください。


公開方法 Communications Chemistry

での出版 Communications Chemistry 次の手順を含みます:

  1. 研究: 分野で高品質で影響力のある研究を行う Materials Science.
  2. 理解を深める: の目的とスコープを読み、理解する (aims and scope) Communications Chemistry 自分の研究がそれらの焦点に合致していることを確認するために
  3. 原稿の準備: ガイドラインに従って原稿を準備してください Communications Chemistry フォーマット、長さ、引用スタイルなどのガイドラインに従ってください
  4. 投稿: ジャーナルのオンライン投稿システムを通じて原稿を投稿してください
  5. 査読: 専門家による厳密な査読を受けます。査読者は、原稿の科学的な品質、重要性、出版に適しているかどうかを評価します
  6. 修正: 査読者からのフィードバックや提案に対処し、必要な修正を行って原稿を改善してください
  7. 受理: 原稿がジャーナルの基準を満たしている場合 Communications Chemistry 出版に受け入れられます
  8. 校正と出版: 最終版を注意深く校正し、原稿が正確かつ迅速に出版されるようジャーナルの制作チームと協力してください

Communications Chemistry よくある質問

は Communications Chemistry ジャーナル インデックス化された に PubMed?

いいえ, 最新のデータに基づくと、 Communications Chemistry ジャーナル は ありません 掲載 に PubMed.

は Communications Chemistry ジャーナル インデックス化された に Scopus?

はい, 私たちの記録によると Communications Chemistry ジャーナル は インデックス化された に Scopus.

は Communications Chemistry ジャーナル インデックス化された に UGC?

はい, 私たちの記録によると Communications Chemistry ジャーナル は インデックス化された に UGC.

は Communications Chemistry ジャーナル インデックス化された に Index Copernicus?

いいえ, 最新のデータに基づくと、 Communications Chemistry ジャーナル は ありません インデックス化された に Index Copernicus.

は Communications Chemistry の 偽の ジャーナル?

いいえ, Communications Chemistry ジャーナル は ありません の 偽の ジャーナル.


Table of Contents

Search For Journals, Indexing, Impact Factor etc.